ダイエット中でもお酒OK!飲み会で気を付ける4つ...|EatDiet

食べて痩せる!ダイエット情報まとめサイトEatDiet

2020.12.28

ダイエット

ダイエット中でもお酒OK!飲み会で気を付ける4つの事

大学生や社会人にもなるとお酒の付き合いは多くなりますよね。「ダイエット中だから・・・」と、せっかくの飲み会の誘いを断るのも空気を悪くしてしまいます。でもご安心ください!今からご紹介することを実践すればダイエットを成功させながら飲み会をエンジョイすることができますよ!

目次

  1. 1.チートデイだと思ってガッツリ食べちゃおう!
  2. 2.チートデイは7日~10日に1回の頻度で
  3. 3.基本、何を食べてもOK!
  4. 4.飲酒する日の筋トレは絶対NG!
  5. 5.筋肉痛とアルコールは、水と油なんです!
  6. 6.飲み会日の前後日は食事制限を厳しめに
  7. 7.カロリー計算でカロリー貯金?
  8. 8.たんぱく質の摂取は絶対条件
  9. 9.飲み会直前にはコレを飲め!
  10. 10.結論・まとめ

筆者は現役のパーソナルトレーナーですが、本題はよく質問される内容です。この問題はやり方さえマスターすれば誰でも乗り越えられるので是非、最後までご覧ください!

チートデイだと思ってガッツリ食べちゃおう!

チートデイというのはカロリーや糖質、栄養など一切気にせずに好きなものを好きなだけ食べてもいい日のことを言います。チートデイは必ず必要なイベントで何もダイエッターの甘えから誕生したものではありません。

食事制限を続けていると、カラダが飢餓モードに入ります。これはカラダが勝手に貴方が遭難したと勘違いしてしまう状態。必要以上にカロリーを吸収し、運動しても脂肪燃焼されません。つまり、めちゃくちゃ太りやすいカラダになってしまうという訳です。

飢餓モードにさせない為には定期的に食事制限を外すことが重要です。食事制限をしていない人でも普段好きなものを食べていなければストレスが溜まってこれもダイエットに良くありません。チートデイは必ず必要なことです。

カロリーを気にせず食べることもまた、ダイエットだと思って遠慮なく食べましょう。

チートデイは7日~10日に1回の頻度で

最初のチートデイはダイエット開始の1週間後に行いましょう。この時は朝昼晩好きなものを食べても構いません。翌週はまたチートデイですが、この日は朝昼だけ好きな物を食べてもいい日にしましょう。

  • 最初の1週間目は、3食好きな物を食べる
  • 翌週の2週間目は、2食だけ好きな物を食べる

3週目になったらお昼だけ好きなものを食べるように少しずつ減らしていくといいでしょう。その後は様子をみて7日~10日に1回の頻度に落ち着かせるか或いは、飲み会の日に合わせて調整するなどご自身で管理してみてください。

基本、何を食べてもOK!

何を食べてもOKです!筆者もお客様に「ラーメンを食べてもいいですよ!」と言うと驚かれますが、ラーメンはむしろ優しい方です。ラーメンに餃子、唐揚げ、〆にアイスやケーキを食べてもOKです!チートデイは思い切りが大事なので、むしろそれくらい食べれる方が立派です。

チートデイではダイエットの常識は通用しません。食べないといけない日くらいに思いましょう。

飲酒する日の筋トレは絶対NG!

あなたが普段どのようなダイエットに取り組んでいるかは定かではありません。それがもし筋トレならば飲み会当日に飲酒する様な場合、筋トレは控えてください。唯一、チートデイでNGなことがあるならば飲酒する日の筋トレ行為と言っても過言ではありません。

筋肉痛とアルコールは、水と油なんです!

筋トレをすると筋肉痛が発生します。筋肉痛は痛みを感じて初めて成功だと思う方も多いのですが、気付いていないだけで筋トレをすれば筋肉痛になっています。

筋肉痛状態は筋肉の再生が進む為、ここにたんぱく質を入れることで筋肥大が起こり成長。基礎代謝が上がり瘦せやすい太り難いカラダへと変貌するメカニズムです。

しかし筋肉痛時にアルコールを摂取すると筋再生が上手く行われずに損傷した状態のまま放置されてしまいます。こうなると上手く筋肥大することが行われず、最悪は筋トレするよりも悪化してしまいます。1歩進んで2歩下がる程度であればまだ可愛いのですが、10歩も20歩も下がるレベルで悪化する為、特に注意が必要です。

筋肉痛と飲酒は絶対に合わない関係。まさに水と油です。

飲み会日の前後日は食事制限を厳しめに

飲み会ではカロリーの高い食べ物の他に人によってはアルコールも登場します。これらのコンビはダイエットにはやはり天敵。チートデイだと割り切ってもカロリー過多になってしまう可能性は否めません。

通常のチートデイでは必要ありませんが、飲酒が行われる様な飲み会の場合、その前後日は特に厳しくカロリー制限をしてください。朝食は鶏卵の卵白と少量のフルーツ、昼食はサラダチキンにサラダ。夜はスープ+スムージープロテインがオススメです。

カロリー計算でカロリー貯金?

飲み会前後日ではカロリー計算を綿密に行い管理してください。まずはご自身が1日にどれぐらいの代謝があるかを下の動画から計算してみてください。

BMR 基礎代謝の計算サイトはコチラ

手順

  • BMR(基礎代謝)を求める(身長や体重でOK)
  • 運動量レベルを求める。
  • 運動量レベル1.全く運動をしていない人
  • 運動量レベル2.週1~2軽い運動をする人
  • 運動量レベル3.週2~3回筋トレをする
  • 運動量レベル4.激しい筋トレをする人
  • 運動量レベル5.毎日筋トレ、仕事も力仕事

基礎代謝に運動量レベルの数値を掛けると、あなたの1日に消費するカロリーが導きだされます。これはあくまでも机上の空論ですので、より正確に知りたい方はInBodyで計算するといいでしょう。

InBody測定ができる施設

InBodyは微弱な電流を使って体内にある筋肉量を測定する機械です。細かい数字まで消費カロリーが分かるので、より正確に知りたい場合はInBodyで測定するといいでしょう。だいたいはジムにありますが、家庭用体重計としても売られています。

筋肉量は日々のダイエットや運動で変化するのでInBodyは毎週、できれば毎日計測するのがベスト。体重計が部屋にあると計測習慣も付くのでオススメです。

動画による計算式ではカロリー収支がトントンになってしまうので、ご自身で炭水化物量や脂質量を調整してカロリーを落としてみてください。但し、たんぱく質量は減らさずに!

たんぱく質の摂取は絶対条件

たんぱく質は必ず毎日摂取してください。目安はご自身の体重1kgに対して掛けることの1gとされていますが、ダイエット期間中はより多くのたんぱく質を必要とするので、最低でも1.5g~2.0gを目安に摂取しましょう。

たんぱく質の摂取量が少ないと筋肉を破壊してそこから補おうとする働きが起こります。こうなると基礎代謝量は低下して痩せにくいカラダになってしまうので要注意です。

炭水化物も摂取して構いません。脂質もOKです。ですがそれらはたんぱく質の摂取ありきの話!飲み会前後日もそれは同じことです。

飲み会直前にはコレを飲め!

飲み会直前(本当に食べる直前ですよ!)に、ゴールドジム社が出しているファットブロックを服用することをお勧めします。

ファットブロックにはリポサンウルトラが主成分となっています。リポサンウルトラとは、内臓内で脂質分に吸着し膨らみ便として排出する仕組み。つまり脂肪を包みこんで大便と一緒に出す効果を持っています。

リポサンウルトラは食べる直前に飲むことで効果を最大化することができるので自宅を出発する前ではなく、食前に飲用するといいでしょう。

摂取カロリーを大幅に下げてくれる効果を持っています。焼肉や唐揚げなどを食べる飲み会では必須品と言えるでしょう。お値段は5,000円前後と少々値が張りますが、チートデイや飲み会の時にだけ使用すると思えば安い買い物だと思います。

結論・まとめ

  • 1.飲み会でもカロリーを気にせずに食べよう
  • 2.過度な飲み会は厳禁!最高でも月に3回まで
  • 3.飲み会前後日ではいつもより厳しく食事制限を行おう
  • 4.ファットブロックを飲んでカロリーガードがオススメ

この記事を書いた人

Tom

パーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーとして活動中。これまで述べ500名以上に指導を行う。運動によるダイエットではなく、食事改善によるダイエットが得意。無理な食事制限は行わず、“ラーメンが食べられるダイエット法”を確立。趣味は株式投資で、前職は三菱UFJモルガン・スタンレー証券の営業マン